北条義時

中世史(日本史)

竹殿 北条義時と姫の前の間に生まれた娘

北条義時には何人か娘がいたと言われていますが、その娘たちの多くは母親が分かっていません。 母親が分かっているのは、継室・伊賀の方との間に生まれた、一条実雅に嫁いだ娘と、もう一人、正室・姫の前との間に生まれた「竹殿」なる娘一人のみです。...
中世史(日本史)

源氏将軍を断絶させた男・公暁を取り巻く人々

源氏の三代目将軍であった叔父・源実朝を暗殺した青年僧・公暁。 彼の凶行により、源頼朝以来の源氏将軍の家系はもとより、源頼信から続く河内源氏の直系も断絶することになります。(阿野全成の家系など傍系は続きますが……。) 公暁もまた長...
中世史(日本史)

頼朝の寝所警護衆「家子」11人のメンバーは?筆頭格は北条義時!

さて、頼朝死後、「鎌倉殿の13人」こと13人の合議制メンバーが選ばれたことは有名ですよね。そして、それに対して、頼家は自分の近習5人を指名して、彼らに特権を与えていました。 将軍が自分に近い人たちを指名して何らかの集団を形成させる……...
中世史(日本史)

北条義時と八重姫は結婚したのか?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、注目されているのが、新垣結衣さん演じる八重姫と、小栗旬さん演じる北条義時の関係の行く末でもあります。 2022年1月末時点では、八重姫はまだまだ大泉洋さん演じる頼朝に未練がある上、江間次郎と再婚している...
中世史(日本史)

大江広元の妻(正室・側室)と子と子孫たち

鎌倉幕府のブレーンとして大活躍したのが大江広元です。 「鎌倉殿の13人」こと「十三人の合議制」のメンバーでもある中原親能の弟でもあり、また自分自身も「十三人の合議制」のメンバーとなり、兄弟ともども鎌倉幕府の礎を築くこととなりました。 ...
中世史(日本史)

伊東祐親の子供たち~伊東祐親の子孫は誰?~

伊豆国において、平家の信頼を受け、頼朝の見張りを行っていたのが伊東祐親です。伊東祐親は北条氏を尻目に山木兼隆ら親平家勢力と手を組み、伊豆国に勢力を広げました。 その後平家方として、頼朝と敵対し、石橋山の戦いで頼朝を撃破しましたが、頼朝...
中世史(日本史)

頼朝の忠実な郎党・加藤景廉とその子孫について

源頼朝挙兵の端緒の動きとなったのが、頼朝による山木館の襲撃です。 その際に、山木兼隆を討ち取り、「殊更きりもなき剛の者、そばひらみずの猪武者」と、『源平盛衰記』にてたたえられたのが、加藤景廉です。 その後も頼朝に従い続け、頼朝死...
中世史(日本史)

伊賀の方(伊賀氏)~鎌倉幕府執権・北条義時の疑惑多き継室~

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公、北条義時は正室を2人迎えています。1人目は比企朝宗の娘・姫の前ですが、2人目の正室(継室)が、伊賀朝光の娘、伊賀の方です。 夫義時の毒殺疑惑や、彼女の名前の冠された政変「伊賀氏の変」などの存在もあ...
中世史(日本史)

姫の前~鎌倉幕府執権・北条義時最初の正室~

『鎌倉殿の13人』でまだキャストは発表されていませんが、ひそかに注目を集めているかもしれないのが、北条義時の最初の正室となる「姫の前」でしょう。 『吾妻鏡』においても、義時に熱望されて正室になったことが記される彼女ですが、その一方でい...
中世史(日本史)

北条義時の死因は何?毒殺、病気、殺人?

鎌倉幕府の2代目執権であり、承久の乱の勝者となった北条義時。2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公で、小栗旬さんが演じますね。 そんな北条義時ですが、実は死因について複数の説がささやかれている人物でもあります。北条義時の死因...
タイトルとURLをコピーしました