源頼朝

中世史(日本史)

阿野全成 義経と頼朝の陰に生き続けた男

梶原景時失脚の引き金となったのは、北条義時の妹・阿波局でした。その阿波局が結婚していたのが、阿野全成。「悪禅師」と称された頼朝の異母弟で、そしてあの義経の同母兄にあたる人物です。 源氏将軍家の中でひっそりと暗躍し続けた阿野全成。その生...
中世史(日本史)

山木(平)兼隆 源頼朝になれなかった男

源頼朝の踏み出した第一歩、石橋山の戦いは頼朝の敗北に終わりますが、実は石橋山の戦いの前に、頼朝はある武士を襲撃し、勝利しています。その武士の名前は山木兼隆、『曽我物語』などの創作物では、「政子の本来の婚約者」だと紹介されることもある男です。...
中世史(日本史)

八重姫はどんな人だったのか?その生い立ちと悲しい最期

源頼朝の妻として有名なのは北条政子ですが、実は頼朝は政子と結婚するよりも前に、別の女性と結婚していたという伝承があります。(『吾妻鏡』などの鎌倉幕府・北条家公式の記録には特に残されていないのですが……) 頼朝最初の結婚相手として伝わる...
中世史(日本史)

千鶴丸(千鶴御前)~源頼朝の悲劇の長男~

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がそろそろ始まりますね!『鎌倉殿の13人』は、新垣結衣さんが悲劇の美女・八重姫を演じることでも話題になっています。八重姫は源頼朝最初の妻となり、「千鶴丸」と呼ばれる息子を産んだことで有名ですが……千鶴丸はどのよう...
中世史(日本史)

女帝になった……かもしれなかった 八条院 暲子内親王

今回お話しする八条院 暲子内親王は、もしかしたら女帝になっていたかもしれない人物です。 日本において女帝は古代、飛鳥~奈良時代に、6人(もしかしたら「中皇命」含め7人かも)と、時代は下がって江戸時代、とある事情によってやむかたなしに生...
タイトルとURLをコピーしました