読み方

中世史(日本史)

真喜姫 家康を織田と結びつけたかもしれない家康の継母

家康は松平広忠と正室・於大の方(水野忠政の娘)との間に生まれています。 しかし水野氏が織田氏についたこともあり、今川方だった松平広忠は、於大の方と離縁します。 その後、松平広忠は戸田康光の娘と再婚しました。後世には「真喜姫」の名...
中世史(日本史)

孕石元泰 家康と因縁があったかも?しれない駿河の武将

家康と言えば、若い頃は今川家臣として苦労した……というイメージが付きまとっています。 その中でも「家康をいじめていて、後で手痛いしっぺ返しを食らった」という人物として、今川氏、後に武田氏に仕えた「孕石元泰」という武将がいます。 ...
中世史(日本史)

坊門姫 河内源氏嫡流の血をつないだ姫君

源頼朝と北条政子の血筋は孫娘・竹御所の死をもって途絶えました。頼朝の庶子もまた、出家していたため子孫を残すことはありませんでした。 頼朝の兄弟たちも大半が非業の死を遂げ、かろうじて異母弟・阿野全成が子孫を残しましたが、全成の失脚もあり...
中世史(日本史)

諏訪御料人 父を殺した男に嫁いだ勝頼の母

戦国時代、武家の女たちはまるで道具のように、父、兄弟、家のために、他家に嫁ぎました。 嫁ぎ先、また実家でその権威を振るった強い女性たちも多くいましたが、そうでもない女性たちも、もちろんいました。 卿紹介したいのは諏訪御料人、武田...
中世史(日本史)

一条忠頼 謀殺された甲斐源氏・武田氏の御曹司

『鎌倉殿の13人』に、木曽義仲の長男・義高が出てきましたね。彼がのちに非業の死を遂げることは、歴史に詳しい方なら皆様ご存じでしょう。 実は義高の死の前後に、鎌倉ではある一人の武者が殺されました。彼の名前は一条忠頼、甲斐源氏の総領・武田...
中世史(日本史)

三幡(乙姫)~幸福なままに逝った源頼朝の次女~

源頼朝と北条政子の間に生まれた子供たちはことごとく不幸に見舞われました。 長男頼家は北条氏との対立の末、自身の子と妻を殺され、最終的に自分自身も死に追いやられました。 長女大姫は、婚約者であった木曽義高の非業の死から立ち直ること...
中世史(日本史)

丹後局~楊貴妃と呼ばれた女~

後白河院(後白河法皇)は、何人もの女性や白拍子たちを寵愛しました。そんな後白河院が晩年、熱烈に寵愛したのが「丹後局」です。 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では鈴木京香さんが演じることでも話題になっている丹後局がどのような女性だったのか、...
中世史(日本史)

千鶴丸(千鶴御前)~源頼朝の悲劇の長男~

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がそろそろ始まりますね!『鎌倉殿の13人』は、新垣結衣さんが悲劇の美女・八重姫を演じることでも話題になっています。八重姫は源頼朝最初の妻となり、「千鶴丸」と呼ばれる息子を産んだことで有名ですが……千鶴丸はどのよう...
近代史(日本史)

渋沢篤二 廃嫡された渋沢栄一の長男

渋沢栄一と先妻・尾高千代との間に生まれた長男が渋沢篤二です。 渋沢栄一死後、栄一一族の総領となるはずだった渋沢篤二ですが、実は父親から「廃嫡」(後継ぎとしない)されてしまっています。そんな渋沢篤二さんはどのような人物だったのでしょうか...
タイトルとURLをコピーしました