源(木曽)義高

中世史(日本史)

藤内光澄~木曽義仲の長男・源(木曽)義高を殺した男~

平安末期から始まる武士の時代では、多くの人々が非業の死を遂げています。 明日をも知れぬ命ですから、生き延びるために多くの人が抜け目なく立ち振る舞い続けました。 そんな中、主君の命令を守ったにもかかわらず獄門に処されてしまった人物...
タイトルとURLをコピーしました