北条時房

中世史(日本史)

名越朝時の妻(正室、継室、側室)と子たち

北条義時とその正室・姫の前の長男として生まれながらも、父の後継者になれなかったのが、義時の次男にあたる名越(北条)朝時でした。 祖父にあたる北条時政の名越邸を相続するなどしており、おそらくその将来を嘱望されていたにもかかわらず、彼は兄...
中世史(日本史)

大姫の婿になったかもしれなかった男・一条高能

『鎌倉殿の13人』内で、婚約者であった木曽義高を無残な形で奪われた、源頼朝と北条政子の長女・大姫。 義高死後、ふさぎ込む彼女に対し、幾度も縁談が持ち上がりました。 義高の死後、頼朝が婚約者として考えたのは、頼朝の甥で大姫の従兄弟...
中世史(日本史)

足立遠元の妻と子と子孫たち

「鎌倉殿の13人」というタイトルは、2代将軍頼家の時代における「13人の合議制」にちなむものです。その「13人の合議制」のメンバーの1人に、「足立遠元」がいます。 スターぞろいの「13人の合議制」メンバー内だとやや影が薄い……ような足...
タイトルとURLをコピーしました