後鳥羽天皇

中世史(日本史)

坊門信子(西八条禅尼)源実朝の妻

鎌倉幕府の源氏将軍の三代目・源実朝。 彼は兄頼家とは異なり、妻はただ一人だったと伝わります。(千葉氏出身の「久米御前」という側室がいたという伝承もありますが、『吾妻鏡』等に記録は残されていないため、公的にはいないと言っていいでしょう。...
中世史(日本史)

亀菊  承久の乱の遠因となった美女

鎌倉時代前期、後鳥羽上皇は幾人かの白拍子を寵愛していました。 白拍子というのは、男装して踊る舞姫で、望まれれば夜を共にする、遊女に近い女性でした。平家物語の祇王や仏御前、源義経の妻静御前なども白拍子です。 滝、石、舞女姫法師とい...
女院

人生万事塞翁が馬 七条院 坊門(藤原)殖子

彼女の人生は、おそらく息子が皇位について以後は安穏な時期が多かったのではないでしょうか。 そして息子が失脚した後は、今度は別の息子が治天の君となりました。 故に彼女は尊重され続けました。―たとえ、二度と我が子に会えなくても。 ...
女院

平家物語の陰でひそかに…… 殷富門院 亮子内親王

女院シリーズ(仮)も久しぶり…… 今回の女院は、彼女本人というよりは、彼女の周りの人たちのほうが有名かな?と思われる女性です。 彼女の末弟は、平家物語の中盤の主役ともいえる以仁王。 彼女の2番目の妹は、百人一首に名を連ねる...
タイトルとURLをコピーしました