側室

中世史(日本史)

鳥居元忠の妻と子と子孫たち

家康の側近であり、関ケ原の戦いの前哨戦・伏見城での激戦にて壮絶な最期を遂げた鳥居元忠。 『どうする家康』では、チームナックスの一員である音尾琢真さんが演じることでも話題になりましたね。 そんな鳥居元忠の妻、子、子孫には、いったい...
中世史(日本史)

石川数正の妻と子と子孫たち

徳川家康の家臣たちの多くは家康に忠誠を誓っていましたが、その中で、唯一、豊臣秀吉のもとに出奔するという最悪の裏切りを果たした男がいます。 その男の名前は石川数正、家康からはかなり信頼されていたこともあり、彼の出奔は家康に大打撃を与えま...
中世史(日本史)

北条時房の妻(正室、側室)と子たち

北条義時の異母弟にして、鎌倉幕府の初代連署(執権の補佐役みたいなものですね)になった北条時房。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、瀬戸康史さんが演じることでも話題ですね。 そんな北条時房の妻(正室、側室)と子供について調べてみました。 ...
中世史(日本史)

奥州藤原氏3代目・藤原秀衡の妻(正室、側室)たち

出羽・陸奥の2国に渡る広大な範囲に影響力を及ぼし、奥州藤原氏の最盛期を築いたのが奥州藤原氏の三代目である藤原秀衡です。 日本史においては、源頼朝の庇護者としても名高いですね。 そんな藤原秀衡の妻(正室、継室、側室)について調べて...
中世史(日本史)

北条泰時の妻(正室、側室)たち

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、坂口健太郎さんが演じることが発表された北条義時の息子・北条泰時。 「御成敗式目」制定や、得宗家の確立などで名前が良く知られていることかと思います。 そんな北条泰時の妻(正室、側室)には誰がいるの...
中世史(日本史)

千葉常胤の妻(正室、側室)と子と子孫たち

上総広常と並ぶ房総の大物と言えば、千葉常胤でしょう。 親族でもある上総広常の死後、広常の地位を引き継いで房総平氏の惣領の地位を得て、大物御家人としての地位を確立しました。 そんな千葉常胤の妻(正室、側室)と子供、子孫について調べ...
中世史(日本史)

源頼朝の愛人(妾、側室)たち

源頼朝の正室・北条政子はたびたび頼朝の浮気を戒めていますが、それでも浮気の虫が治まらなかったのが頼朝でした。 政子の妊娠中に元兄嫁(源義平未亡人・新田氏の祥寿姫)に艶書を送るわ、亀の前と浮気するわ、御所女房に手を付けるわ……。 ...
中世史(日本史)

上総広常(上総介広常)の妻(正室、側室)と子と子孫たち

上総国・下総国にわたる広大な領域を支配し、当時の関東屈指の勢力を誇っていたのが房総平氏の総領・上総広常(上総介広常)です。 もともとは頼朝の父・義朝や頼朝の異母兄・義平に従うなど、頼朝や河内源氏とも深い関係性にありました。 しか...
中世史(日本史)

酒井忠次の妻(正室、側室)たち

家康の人質時代からの側近であり、徳川四天王・徳川十六神将の筆頭格と言われるのが、酒井忠次です。 三河一向一揆などの時にも、一族に背いてまで家康に仕えるなど、家康へ高い忠誠を示し続けました。 そんな酒井忠次の妻(正室・側室)はどの...
中世史(日本史)

榊原康政の妻(正室、側室)たち

初代舘林藩主にして、徳川三傑・徳川四天王・徳川十六神将すべてに名を連ねる家康の功臣といえば、榊原康政です。 おそらく2023年の大河ドラマ『どうする家康』においても、彼はキーとなるのではないでしょうか? そんな榊原康政の妻(正室...
タイトルとURLをコピーしました